【レシピ】大人の〆デザート 梅酒掛け杏仁豆腐

Masumeal-4.jpg

梅酒掛け杏仁豆腐 

なんとなく相性が良さそうだ!と思って調べたら、杏も梅も同じバラ科。食後のデザートに胃袋も落ち着く、ちょっと大人味のデザートのアイデア。
手作りはもちろん美味しいですが、市販の杏仁豆腐でも美味しい組み合わせ。中華料理の〆にも。

材料(4人前)

牛乳 500ml
砂糖(三温糖)90g
あんずの種 10粒分
塩 ひとつまみ
板ゼラチン 12g
クコの実 適量

作り方

<下準備>
板ゼラチンを冷水に浸し戻しておく
クコの実を水に浸しておく
1牛乳・砂糖・杏をミキサーに入れ粉砕する。
21を細かいざる(または、さらしなど)で、絞るように濾す。
3鍋に2を入れ、沸騰直前まで火にかける。
4火を止め粗熱が取れれば(60℃位)水気をよく絞ったゼラチンを加える。
5ゼラチンが解ければ、茶漉しなどで越しながら、清潔な型に移し替え、よく冷ます。(氷水に当てても良い)
6よく冷めれば冷蔵庫に入れ2~6時間よく冷やす。
7すくうように器に移し替え、梅酒をかけ、クコの実を飾り出来上がり。

ポイント

杏の種がなければ、アーモンドエッセンスなどで代用ができる。
この比率で、むっちむちの食感。柔らかい方がよければゼラチンの量を減らして見てください。


2017年12月06日 | Posted in Dessert | タグ: , No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA