【レシピ】ほうじ茶のニョッキ キノコのラグーソース

Masumeal-1.jpg

ほうじ茶のニョッキ キノコのラグーソース 

キノコが美味しい季節に作りたい料理。キノコのソースはマヨネーズなどと一緒に野菜とあえてもよし、ニョッキ以外のパスタソースにも、もちろん美味しくいただけます!今回は、ほうじ茶のニョッキと似合わせて、茶蕎麦・・・の様なイメージにでお茶ニョッキにしています。キノコ・お茶、お互いが引き立つレシピです。

材料(約 3~4人前)

キノコのラグーソース

しめじ 100g
まいたけ 100g
しいたけ 100g
(ほかのキノコを入れても良いですが、この3つはしっかり味を出すので入れるのがオススメ)
ニンニク 2片
オリーブオイル 大さじ三杯
砂糖 大匙2/3
タイム1/2
塩 少々
水300cc-400cc

ほうじ茶ニョッキ

小麦粉(今回は中力粉を使用) 138g
ほうじ茶パウダー12 g
じゃがいも 500g
全卵 1/2個
打ち粉

仕上げ

バター 大1-2 くらい
塩 少々
イタリアンパセリ 少々
パルメザンチーズ 少々

作り方

キノコのラグーソース
<下準備>
ニンニクは半割にし芽を取って包丁の背で潰しておく。
しめじは底を落としほぐす
まいたけはやや大振りにほぐす
しいたけは石突きをとり、1/4カット1 大きめのフライパン(キノコが重ならず広がる大きさ)にオリーブオイルを敷き、ニンニクを加え、弱火にかけます。
2 ニンニクから小さな泡が出てきたら、キノコを全て加え、中火にします。
3 塩をキノコ全体に振りかけ、そのまま動かさず、こんがりきつね色になる様に焼いていきます。(ニンニクが黒く焦げそうならキノコの上に避難させて)
4 返しながら全面に焼き色をつけます。
5 綺麗に焼ければ、砂糖・水・タイムを加え15分程弱火にかけます。
6 タイムを取り除いた5をミキサーにかけます。
7 フライパンに戻しソースは出来上がり。

 

じゃがいものニョッキ(ほうじ茶味)
〈下準備〉
小麦粉とほうじ茶をまぜておく。1 じゃがいもよく洗い鍋に入れて水から湯がきます。
2 串がすっと刺さるくらいになれば、ザルにあけ、水をさっとくぐらせ、皮を剥きます(皮が弾け湯むきの様につるっと剥けます。
3 熱いうちにポテトマッシャーにかけます。
4 粗熱の取れてきた3に、ほうじ茶と小麦粉、溶きほぐした全卵を加え、よく混ぜ合わせます。
5 まとまってくれば作業台などに移し、滑らかになるまで転がしながらよく練ります。
6 滑らかになれば、四分割にし、丸め、打ち粉をしながら直径1.5cmの棒状に伸ばします。
7 6にたっぷり打ち粉をし、2cmにカットし、さらに断面に打ち粉をします。
8 7の断面にフォークのせを押し当てる様にし、跡をつけます。(断面をフォークの上に乗せ、転がしながら形を作る方法もあります)
9 重ならない様に、保存します(冷凍保存も可能)

 

仕上げ

1 お湯を沸かしニョッキを入れ、ソースを温めます。
2 ニョッキが浮き上がれば、水を切り、ソースにいれます。
3 バターを加えゴムベラで和えて溶け込ませ、塩で味を調えます。
4 温めたお皿に盛り付け、たっぷりのパルメザンチーズ・刻んだイタリアンパセリをちらし出来上がり。

ポイント

・ニョッキは作り置き冷凍が可能
・じゃがいもは手間がかかる場合、皮を剥いて粉吹きにしてもオッケー
・キノコの焦げ目が香りに繋がるのでフライパンは動かさずじっと我慢

Masumeal-2.jpg

この料理は ”NODOKA”のオーガニックティーパウダーを使用しています。
nodokatea.com


2017年11月20日 | Posted in Food | タグ: , , No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA