【レシピ】ほうじ茶のブッセ パンプキンクリーム

Masumeal-1.jpg

ほうじ茶のブッセ パンプキンクリーム

ほうじ茶の香りを包んだブッセを相性の良いかぼちゃのクリームで挟んだ秋味スイーツ。ここ数年で一番ハロウィーンらしいもの作った気がします😗にしてもこの時期のかぼちゃ美味しい!残ったクリームはトーストにぬってもそのままでも美味しいですよ。ハッピーハロウィーン🎃👻

材料(約10個分)

ほうじ茶のブッセ

A
卵黄 1個
グラニュー糖 16g
B
卵白 1個分(30g)
グラニュー糖 14g
C(合わせてふるいにかけておく)
nodoka.ほうじ茶パウダー 5g
薄力粉 25g

粉糖 適量

かぼちゃのクリーム(ブッセ3回分量 作りやすい量で記載)

かぼちゃ 300g
牛乳 150~200cc(鍋の大きさによる)
グラニュー糖 70g(かぼちゃの甘みにより変わる)
バター20g
塩 ひとつまみ

作り方

ほうじ茶のブッセ
<下準備>
オーブンを180度に予熱しておく
天板にクッキングシートを敷く
1 Aをボウルに入れ泡立て器で白っぽくなるまでしっかり混ぜる。
2 別のボウルを用意し、Bの卵白とグラニュー糖を1/3ずつ加えながらメレンゲを作る。
3 AにBを加え、ゴムベラで泡を潰さないように切るように混ぜる。
4 3にふるいにかけたCを加え、さらにゴムベラで切るように混ぜる。
※生地にツヤが出て、ヘラで持ち上げるとゆっくり流れ落ちる硬さ。
さらさら落ちるのは混ぜすぎ
5 4を丸口金(今回はφ9mm)をセットした絞り袋に詰め、天板に3cmサイズになるように絞り出していく。
6 絞り終えたら、5に粉糖をふりかける。染み込んで消えたら、もう1度繰り返す。
7 オーブンに入れ10〜15分焼く
8 焼きあがれば、天板から外し冷ます。

 

パンプキンクリーム
1 かぼちゃの皮をむき、4cm程度にカットする。
※電子レンジで少し熱を加えると安全に切りやすい。
※皮を残しておくと飾りに使えます。
2 小鍋を準備し、すべての材料を入れ、紙の落し蓋をして弱火にかける。
3 かぼちゃが木べらで崩せるくらいに柔らかくなれば、水分を飛ばしながら、練り上げるように熱をさらに加える。
4 混ぜるのに抵抗感が出てくれば、バットに移し粗熱を取る。
※この際、裏ごしすればより滑らかな口当たりに。

 

仕上げ

パンプキンクリームを絞り袋に入れ、ブッセに絞りサンド。

ポイント

・ブッセにチョコペンなどでハロウィンらしくデコレーションしてもgood。
・あらかじめ、材料はすべて計量をしましょう。

このお菓子は ”NODOKA”のオーガニックティーパウダーを使用しています。
nodokatea.com


2017年10月29日 | Posted in Dessert | タグ: , No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA