【レシピ】しっとり生地の美味しい抹茶ツイスト

Masumeal-4.jpg

しっとり生地の美味しい抹茶ツイスト

パウンド型でつくるツイストパン。水分が篭るのか、焼き色がつく面が少ないのもあって、全体的に超しっとり。立体的で厳つい見た目とは裏腹に、甘々でもキリッとした苦味が良い味してます。

材料 型サイズ 7㎝×21㎝×6.5㎝分

生地
A
強力粉 300g
砂糖(グラニュー糖)24g
塩4.5g
インスタントドライイースト(サフ)6g
B
牛乳135g
全卵45g
ぬるま湯30g

C
バター45g

フィリング
グラニュー糖38g
抹茶パウダー6g

溶かしバター適量

アイシング
卵白 少々
粉糖 少々
抹茶パウダー 少々

作り方

<下準備>
バターを常温に戻す。
フィリングのグラニュー糖と抹茶を合わせておく。
型にバターを塗っておく。
アイシングは直前に卵白と混ぜる。


<作り方>

1AとBそれぞれをボウルに合わせ、よく混ぜます。
2AにBを加え、混ぜて、水分が行き渡れば台に移して、よく捏ねます。まとまり始めたら台に打ち付け、さらに捏ねます。
3生地の一部を指でゆっくり薄く引き伸ばして膜を作り、反対側が透ける程度まで捏ねます。
4バターを生地にすり込み、ベタつきがなくなり滑らかになるまで捏ね上げ、丸めてボウルに戻しラップをして、発酵させます。(生地温度28度 30-60分)
5生地が2倍位に膨らめば、生地を台に取り出し、「押さえつけて空気を抜き→折り畳み→丸めて→ボウルで蓋をして」15分休ませます。
※室温が25度より大きく違う場合はボウルに戻して、発酵器を使用する方が良いです。
6生地を麺棒で縦21㎝×横21㎝に伸ばした後、手前1センチを残して溶かしバターを刷毛で塗ります。
7バターを塗った部分にフィリングを満遍なく振りかけ、生地を軽く押し込むように奥から手前にかけて巻いていきます。巻き終わりをしっかりくっつける。
※巻き終わりがバターを塗っていない部分になるようにする
8生地を縦向きに置き、縦にカット。2本の生地を3-4回ほど交差させ、型にいれます。
9発酵器(35度)で30-40分ほど発酵
※生地を指で触って跡が残ると発酵完了
10 190度に予熱したオーブンで20-23分焼きます。
12冷ました後、アイシングをかけ、固まれば完成。

ポイント

アイシングの卵白は、緩めすぎないように量を、調整する。

このお菓子は ”NODOKA”のオーガニックティーパウダーを使用しています。
nodokatea.com

Masumeal-2.jpg


2017年12月21日 | Posted in Dessert | タグ: , No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA