【レシピ】バリバリでカリカリ 漬け込み0分でもできるしっかりジューシーな甘辛鶏

Masumeal-1.jpg

バリバリでカリカリ ジューシーで甘辛鶏

漬け込み0分でも本格的な味にするために、下ごしらえと揚げ方を工夫をしました。ご飯の炊ける時間で充分作れます。弱火→強火の調理で、骨つき鶏肉の旨味をしっかり引き出してます。

材料 (2人前)

鷄手羽先 600g
塩 少々
油 手羽先が浸るくらいの量
ニンニク 1片
生姜 スライス 5枚
白ネギ(青いところ)1本分

A
醤油 60cc
みりん 30cc
砂糖 大さじ3

白ごま 適量

作り方

<下準備>
手羽先の内側に(鳥肌のない側)骨に沿って切れ目を入れる
手羽先の切れ目を軽く広げ、ひとつまみ塩を振る。
ニンニクは包丁で叩いて潰しておく。
<作り方>
1 下準備をした手羽先を鍋に入れ、浸るまで油を入れる。
2 1の鍋ににんにく、生姜、白ネギを入れ20~30分程度、弱火で揚げる。
3 揚げている時間を使ってタレを作る。Aの調味液を大きめの鍋に合わせ、火にかけ、焦げないように気をつけながら水分を飛ばす。煮詰まれば、火を止めておく。
4 2の鍋が時間になれば、中強火にし、外側がパリッとキツネ色になるまでさらに揚げる。
5 手羽先が揚がればしっかり油をきり、鍋で温めたタレに絡め、白ごまをふりかけて出来上がり。

ポイント

弱火でじっくり揚げることで、水分が適度に抜け旨味がぎゅっと濃縮されます。
肉の内側に塩を振りかけるので、しっかり下味が浸透します。
香味野菜を一緒に揚げることで、漬け込み時間0分

Masumeal-1.jpg
正月も終わるころ。
明日は七草粥で「正月の祝膳や祝酒で弱った胃を休める」為に食べるわけですが、揚げ物が食べたい時期を迎えました(現代人らしく)。
いろんな意味で胃袋が目覚める感じ。良いのやら、悪いのやら・・・


2018年01月06日 | Posted in Food | タグ: No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA